モタードに強い!大阪の愉しいバイクショップGLIDERIDEのブログ
glideride.exblog.jp
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
タグ
画像一覧
<   2008年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧
WR250Xサスペンションセットアップ メニュー化してます。
本サイトも見て頂いてる方はご存知かと思いますがブログしかみてない方も結構多いようなので念のためコチラでもご案内。

本日ご案内するのはWR250Xサスペンションセットアップ<スーパースポーツロー>

私自身がこの仕様でかなり安心感を持って走れたというのは先日レポートしましたが、こないだの水曜日には最近モタードに乗り始めたばっかの某氏が半日の走行で、同じWR250Xのノーマル車に乗る“山ちゃん”(私と同じくらいのレベルのライダー)とコンマ数秒しか変わらないタイムを出しちゃったりしたもんでコレをクレ。なんてこと言われたり・・・w ってくらい、モタードビギナーな方にも自信を持っておすすめ出来るという確信を持ちました。v( ̄Д ̄)

また、その前の日曜日にはKISSYにも乗ってもらって安心感についてはお墨付きも頂いてます。んがっ、キッシーが乗ると・・・
d0086319_22423116.jpg
アップワイドペグ/6ポジションを装着しててもガリガリ君・・・( ´-`)

私くらいのレベルじゃかなり乗れてる日でもちょろっと擦る程度でまったく問題ないのですが・・・w (とは言っても、いちお自己弁護しておくと・・・今年までの猪名川での近畿エリアのmoto-3のトップタイムはフツーに出てます・・・)

そんなワケでキッシーレベルの方は現在の仕様をベースに今ほど下げない方向のセットもご用意する予定なのでそれまでお待ち下さい・・・ って、そんなレベルのライダーって大抵どっかでサポート受けてんじゃねーかってのもありますが・・・w ま、でもバンクさせて回すタイプのライダーもいらっしゃると思いますのであと10数mm高めの状態でのセットで今の安心感を出せるかどうかはテストしてみたいと思ってます。

ちなみにいつもの話ですが、サスペンションのセットアップにすべてのライダーにとって絶対的なベストが無いというのは間違いない事実です。

ですが、グライドライドとしてはmoto-1やファンライドスクール等を通して多くのライダーを見てきた経験上もっともニュートラルだと思われるスタイルに合わせてセッティングを進めています。

ですので、逆にこのセットアップが乗りやすいと思えるスタイルを探ってもらうことでファンライドスクールで勧めているニュートラルなモタードライディングを理解してもらうことも出来るのではないかとも思います。

今すでに自分のスタイルをお持ちで結果も出ている方なら、自分のスタイルに合ったセットアップがあるでしょうから、お好みに応じたオーダーもお請け致します。が、なかなか結果の出ていない方はぜひ一度このセットアップで走ってみて頂きたいと思います。

マシンに走りを合わせていくことで、見えてくるものがきっとあると思います。

つことで、WR250Xのサスになんとなく不満のある皆様からのオーダーお待ちしております。<(_ _)>
by glideride | 2008-11-28 23:13 | 部用品サービス情報 | Comments(0)
遠隔操作w
d0086319_22505759.jpg
このたびやっとファンライドスクール用にトランシーバーを用意しました。

今まで自分の足で走り回ってしてた伝令役に体力的な限界を感じて・・・ってものあるのですが、実は、来年のスクールではレース系のクラスをメインにコース走行中にインストラクターから直接レクチャーしちゃおうとか思ってたりしてます。

ただ、予算の都合で交互通話のが買えなかったので、インストラクターから言われっぱなしになって凹んでしまうヒトがいないかちょっと心配だったり・・・www


そんなワケで、12月14日(日)のフィールド&ライドに持っていって、前にも書いたターマックの走りにヒジョーに役に立つミニフラットオーバルプチ練習会で試してみる予定なので興味のある方で打たれ強い方wはフィールド&ライドに参加して言われっぱなし同時レクチャーを初体験して見ませんか?


追伸(あくまもで追伸ですw) ゲームするヒトはトランシーバー持って来たほうが愉しいかも・・・w
by glideride | 2008-11-27 23:15 | ファンライドスクール | Comments(5)
なんだかんだと今年も最後のイベントになっちゃいました。

気が付けばもう今年最後のイベントのご案内です。

今年最後のフィールド&ライドは12月14日開催。

なのですが、最近ちょっとコースが荒れ気味なので、ワタクシはユンボマスター、シンジさんにご協力頂き13日の土曜日からユンボ持ち込んでコース改修の予定です。



そんなワケで、土曜日も休みって方、ちょこっとお手伝い頂けたらあとはテキトーに走り回ってもらってOKなので土曜日から来ませんか?
※年間パスじゃない方もお手伝い頂けたら1日分の参加費でOKです。

あと、出来ればクラブハウス(そんな豪華なもんじゃないけど・・・w)の屋根がぼろぼろなのでボチボチそっちも改修したいと思いますので、コンパネ(ベニア合板じゃなくてコンパネ)用意できる方は出来るだけ持ち寄って頂けますようお願い致します。出来れば土曜日がありがたいですが、日曜日でも可。サイズはテキトーでオケ。


ちなみにすでに土曜日入り予定のメンバーは

1、ワタクシ
2、シンジさん
3、カズシサン
4、ヒロ君

ん~ダートラ競争したくなるメンバーだ。www

ということで、いつものように大体の人数把握しておきたいので、土曜から参加の方も日曜だけの方もはたまた土曜のみ参加の方も参加確定の方は表明などヨロシクです。
by glideride | 2008-11-25 14:42 | フィールド&ライド | Comments(6)
公開カルテ<タイムアタック編>
そんなこんなで公開カルテもだんだんと私じゃコメント入れにくいレベルになってまいりました。w

が、それはそれとしてネタは振っておかなくちゃってコトで本日も引き続きアップしちゃいます。

ぁ、それと、今週いっぱいくらいは公開カルテの書き込みもチェックしてますので、質問苦情等ありましたらお気軽にコメント下さいませ。

あとインストラクターの皆様も写真に写ってる参加者への追加アドバイス等あればヨロシクです。<(_ _)>


d0086319_198592.jpg
で、本日のトップバッターはDVDでおなじみw日本名わんぱく小僧さん。

なんかチョーカッコいいんですが、。軽くドリフトなんかしちゃってるし。∑( ̄□ ̄;)
バランスもいい感じだしこのまま走りこめばレアル1でAクラス入りも夢じゃない感じデス。v( ̄Д ̄)

d0086319_19152094.jpg
そして、レディース対決。ハマッチに改めるのはまだ若干抵抗のあるwツボッチ。

最近乗り換えたばっかりにしては体もコーナーの方に向いていっててなかなかいい感じ。
でも、出来ればやっぱも少し前に座って尾骶骨使いましょう。

d0086319_19194867.jpg
んでもって、ツボッチとは対照的なイノウエさん。
模擬レースでガチで負けた私が言うのもなんですが・・・www 
もうワンランクペースアップしようと思ったらフロントタイヤもしっかり使って曲げて行くことが必要かと思います。v( ̄Д ̄)

d0086319_19242784.jpg
お次は見るからにジム系なデキエスさん。

上体主導でコーナーに入っていくのも一つのテクニックですが、回すトコではマシンをバンクさせて回すことも必要になってくるので、来年はモタード的な下半身ホールドがある程度マスター出来るまで基本マスタークラスでみっちり練習してみては?

ちなみに上の写真のイノウエさんも最初ジム乗りだったのですが、基本マスター数日受けてもらってモタード的な走りになってから、私も負けるくらい(しつこい?w)ペースアップしてますので、ぜひご検討を。v( ̄Д ̄)

d0086319_19394172.jpg
ナカさんも最近ナカナカペースアップしてるウチの一人。
以前と比べるとだいぶニュートラルに近いポジションになってきてますが、出来ればあと数センチ前に座った方がいいかと、ドリフトのおつりが大きいのもそのあたりの影響が大かと思います。

d0086319_1933319.jpg
d0086319_1942769.jpg
ウエアもフォームも似てますが別人です。w 
で、お二人とも文句なしにカッコヨス。
写真でどうこうってレベルではないので、あとはサーキットでのタイムの出し方を練習していく中で必要なテクニックをマスターしていきましょう。v( ̄Д ̄) 


d0086319_2003191.jpg
d0086319_2004083.jpg
ラストは来年オールスターシリーズで撃沈予定のw 痛いヒト。
マシンが痛くなる前にアップしときます。w

ドリフト時のミョーな腰の捻りも無くなり、むしろオレよりキレイかも・・(|| ゚Д゚)
コーナーに入っていく姿勢は皆さんのお手本になるくらいな感じなので、あとは人間的に・・・www

d0086319_2165949.gif
最後にオマケ。
今回のコースのキモを2点ほど。
って、2番時計の私が言うようなこっちゃ無いってウワサもありますが、ま、立場上仕方ないのでお許しを。<(_ _)>

内容的には今回は初参加とか初レース前って方も多かったのでものすごく基本的なことなど。

上の画を見てもらえば判ると思いますが、タイムを出すにはまずタイムに大きく影響するストレートとか距離の長いトコロをいかに速く走るか、ってのが一番重要になります。

よく、オレのほうがあいつよりコーナーは速いのにストレートが遅い・・・オレは頑張ってるのに、マシンが悪いんじゃ・・・なんて話は昔から良く聞く話ですが、実際にはストレートのスピードってアクセル開けるポイントで全然違ってくるので、多くの場合、進入スピードが速すぎたりイン付きが早すぎるのでコーナーの進入では追いつくけど、本来開けてなくちゃいけないところで開けれてないのでストレートが遅いってコトが良くあります。

逆にコーナーは遅く見えるのにストレートが速いって場合は逆に落とすべきところではしっかりスピードを落としてしっかり向きを変えて早めにアクセルがあいてるのでストレートも速い、とそんな二人が走れば、さっきのオレの方が・・・って話になってしまう訳です。

で、今回のコースは初参加の方も多かったので、すごくわかりやすい設定にして見たのですが、やはり、下のラインになってしまってる方がたくさんいました。
コレ見て、ぁ、そうか!と思った方。コレはどんなトコ走る時でも通用する話なので、来年はぜひこのイメージでトライして見て下さい。

また、頭の中ではわかってても・・・って方、私自身も当然まだまだ甘いところもいっぱいあるわけだったりしますので、お互いに頭の中でイメージしてるラインを走れるための技術を身につけて行きましょう。v( ̄Д ̄)

そんな感じで、参加者の皆様>スクールに関するご質問等はお気軽にコメントまたはご来店を
他のインストラクターの皆様>ダメダシ&フォローヨロシクです。
by glideride | 2008-11-24 21:32 | ファンライドスクール | Comments(11)
公開カルテ<レベル別ドリフトレッスン>その2
昨日はドリフトレッスンの経緯とこれからについて書いてみたわけですが、本日はドリフトレッスン中の写真を見ててちょっと気になった写真があったのでピックアップしてみます。

d0086319_14382982.jpg
で、その気になる1枚はコチラ。いつもの?wデンデンさん。

この前の瞬間の写真がないので、あくまで憶測ですが練習内容とブラックマークの付き具合から考えると、リアを滑らせてカウンターが当たった状態から、ハンドルがインに切れてターンに入った状態かと思われます。

上手にまわしにいけているように見えるのですが・・・なんとなく微妙に違和感があるんですよね~。

で、それがなになのかいろいろ考えて見たのですが、
d0086319_14335778.jpg
コチラの三苫インストラクターの姿勢と比べると・・・

d0086319_14562853.jpg
コチラの初参加のM氏(敢えて名は伏せる方向でw)に近いと思いません?

なんとなくですが・・・
d0086319_16462318.jpg
三苫インストラクターのこの状態での上体のフォームとか・・・

d0086319_16452669.jpg
浜田インストラクターのこのレクチャーの体の使い方とか・・・

※実際に何を言ってたのかは知りませんが・・・w

d0086319_16524136.jpg
レクチャー後のキッシャンはいい感じなんじゃないかと(最近ほめ殺しw)


ってなワケでこのあたりに違和感のヒントが隠れてる気がしていろいろ考えてます。

d0086319_17305571.gif
d0086319_17311297.gif
考え方的には例えば上の二つの写真を比べた時に、体の使い方として矢印の向きにどっちが入力しやすいかって事なんですが・・・
(M君ゴメンね~他にわかりやすい写真が無かったもんで・・・(|| ゚Д゚) )

でも、デンデンさんの写真に感じる微妙な(あくまでも微妙な・・・)違和感はそこだけじゃない気もするし・・・結論は不明です。www


d0086319_16555712.jpg
だって、マンゾーとかこんな感じでも速いワケですよ・・・こんなに上体外に逃げてトラクションとりにくくないのかと・・・




ぁ”~~~~今晩寝れなさそう・・・w

ま、こんなの考えるのも結構愉しいと思うので、皆さんも上手な人の写真見たり自分の走りのイメージと照らし合わせて見たり、いろいろ考えて見てください。






カルテになってないし。w

つことで、他のインストラクターの皆様ご意見ヨロシク。 v( ̄Д ̄)
by glideride | 2008-11-23 17:42 | ファンライドスクール | Comments(13)
公開カルテ<レベル別ドリフトレッスン>
本日の公開カルテはレベル別ドリフトドリフトレッスン・・・

と書いてはみたものの、この練習、レベル別にインストラクターの判断でレクチャー内容が変わるので写真でどうこう・・・って、言える話ではないので、今回はドリフト練習方法の基本的な考え方とコレまでの経緯など知って頂くと、練習のキモがより明確に見えてくるんじゃないかと思いますので、ちょっと長文になりますが、書いて見たいと思います。

d0086319_2051378.jpg
ファンライドスクールは本来モタード車やオフロード車を使って、ジャンルに関わらず応用の利く普遍的なライディングテクニックを磨いて頂くことが目的のスクール(ん~なんか堅苦しい言い回し・・・w)なのですが、ドリフトを覚えたいと言う方も当然たくさん参加して頂いてるわけで爆笑練習会時代から含めココ4年間ほどいろいろな方法でのレクチャーを試して来ました。

今でも定番の2~3速の直立ハーフロックからの練習は、コレはコレで一定レベルの方には練習になるのですが、スライド時のコントロールが出来ていない方だと勢いよくリアがフルロックのまま倒しこんでハイサイドなんて事も多く、もっと安全にトライしてもらえる方法を模索していく中で今は基本マスタークラスの定番メニューとなっている基本スライド練習が派生的に生まれました。

ですが、コレはいつも言うようにスライド中のマシンコントロールに慣れたり下半身でのマシンコントロール等基本的なライディングを覚えてもらうのには非常に役にたつものの、ドリフトのキモであるハーフロックにそのまま繋がるものではなく、基本スライドの練習がしっかり出来てる方でも、今までの2~3速からのハーフロック練習に入ってもらうと、なかなかハーフロックのイメージを掴むのが困難なことが多く、基本スライド練習と2~3速からのハーフロック練習の間を埋める、ハーフロックを作り出す操作を安全に覚えてもらうための練習方法を探すことが今年の目標になっていました。

そんな中、各インストラクターが指導の現場でトライしていた、1速吹け切りから一気にアクセルを戻しエンブレとリアブレーキを併用するという方法がレクチャーの内容次第でもっとも効果が現れたようで、今まで何度かスクールに参加頂いたものの、もう一つキッカケがつかめなかった方がこの練習方法でキッカケを掴み、コースでも安全にスライドを使って走れるようになったり、なんてケースも多数あったので、来年に向けてドリフトの基礎やレベルアップのための練習として、更に内容に磨きをかけより効果的な練習内容にして行きたいと思っています。

ということで、来年のファンライドスクールでは、ドリフトを覚えたいという方には以下のような流れで練習を進めて行きたいと思っています。

■第1段階■
<基本スライド練習でスライド時のマシンコントロールや対処を覚える>
直接的なドリフトの練習ではありませんが、ドリフト練習を安全に行えるようになるための基礎的な練習でもあるので、ドリフトを練習したい方もまずは確実にリアロックでのマシンコントロールが出来るようしっかりこの練習して頂きたいと思います。

■第2段階■
<1速吹け切りからのエンブレ併用でハーフロックのキッカケ作り>
1速で吹け切る程度の間隔においたパイロンをオーバルに回りながら練習します。
1速で吹けきった状態から一気にアクセルを戻し、リアブレーキも併用しマシンをバンクさせることでハーフロックでリアが出て行く状態を狙い通りに作れるように練習します。
この練習ではまずスライドを安全にコントロールすることが最初の目的、レベルによってはハーフロックを作り出す様々な要素を状況に応じて使い分けるための練習も行います。
また、この段階でスライドをコーナーリングに繋げるための基本的な流れも同時に練習、低速ながらほぼドリフトと言ってもいい動きになりますので第4段階の本来のドリフト練習へもスムーズに移行できます。

■第3段階■
<2速からシフトロックも併用したハーフロック練習>第2段階の練習にシフトダウン操作が加わり若干スピードレンジもあがります。

■第4段階■<2~3速から実際のコーナーにハーフロックで進入>
第2、第3段階がしっかりマスターできていれば、すでにほぼドリフトの動きができるようになっていますので、この段階では実際のコース走行でのスピードレンジに適応したり、精度やレベルを更にあげて行く練習となります。

以上が現在のところ考えているドリフト練習の進め方なのですが、ではコレを具体的にスクールのカリキュラムに組み込んでいくのかが、結構大変でして、また、各インストラクターとも相談しながら来年に向けて形にしていきたいと思います。

つことで、来年こそは実戦でドリフトを使えるようになりたいという方、来年のファンライドスクールをお楽しみに。v( ̄Д ̄)
by glideride | 2008-11-22 22:36 | ファンライドスクール | Comments(0)
公開カルテ<基本マスタークラス>
ファンライドスクール参加の皆様オツカレサマでした。
今年最後のスクールはいろいろな効果が重なり、スクール史上最高の参加人数だったわけですが皆様のおかげで大きな混乱もなく最低限のカリキュラムはこなすことが出来ました。

思えば日曜日に開催していた『爆笑練習会』から土曜日に移ってスクールを開催することになった時は定員を満たすのに3~4年はかかるかな?なんて心配もしていたのですが、気が付けば土曜開催にも関わらず2年目にして『爆笑練習会』の頃とほとんど同じ位の参加者が集まるようになったんですよね。(´-ω-`)

ソレもコレも献身的にご協力頂いているインストラクターやサポーターの皆様のおかげだと本当に感謝しております。<(_ _)> そんなワケで皆様のご協力あってのファンライドスクール。私も今年以上に知恵を絞ってより効率的によりよい内容のスクールにして行きたいと思っておりますので、来年も引き続きご協力のほどよろしくお願い致します。<(_ _)>


==============================================================
ということで、今回もいつものように公開カルテを数日に分けてアップしていきます。
本日は基本マスタークラス。

d0086319_14194499.jpg
こちらコウヘイさん。初参加の方の平均的なパターンです。
ロードスポーツではこんな風に無理やりリアを滑らすようなことはしないので、最初は力んで当然です。んがっ、実際はロードでも最終的には滑りに対応できることが必要になってくるので、モタードだけじゃなくロードスポーツに乗る時にも生きてくると思いますのでもっと肩の力を抜いてコントロールできるようになるまで滑りに慣れましょう。v( ̄Д ̄)

d0086319_14275827.jpg
こちらのアワさんも同じ傾向。
写真で見るとわかると思いますが、たぶん自分で思ってるより後ろに座ってますよね。

一般的にオートバイはリアタイヤをメインに荷重をかけた方がマシンが安定するので、無意識に低いリスクで走ろうとするとついついリア荷重の乗り方が染み付いてしまいます。

しかし、あるレベル以上にペースをあげて行こうとすると、フロントタイヤもしっかり使って積極的に向きを変える必要が出て来ます。

その時、リア荷重気味のシッティングポジションだと、フロントタイヤに荷重をかけるためには、ハンドルを無理に押さえるか、空気イスみたいな姿勢でステップに荷重しなくちゃいけなくなってしまいます。

そんな状態では普通のライダーは(※1)フロントタイヤが上手に使えるはずもなく、更にフロントタイヤに頼らない乗り方になっていってしまいます。という悪循環を修正するのにワタシもその昔苦労しました。というか、80年代から乗ってるヒトはみんなそう?w


※1 それでも器用なヒトだとそのままコントロール出来ちゃう事もありますが、普通のヒトはやっぱりコントロールしやすい状態で乗った方が安全ですもんね。

つまり、もっと積極的にマシンをコントロールできるようになるためには、どこかで意識してセンターに乗れるように修正する必要があると思うのです。スクールに初めて参加される方の多くが、(今までの参加者の中で前過ぎる感じのヒトは1~2名だけです。)無意識に後ろよりに座ってしまってるケースが多いので、ほとんどの方は思ってるより極端にもっと前に座って良いかと思います。
ということで、自分がどうなのか知りたい方は誰かに写真を撮ってもらってチェックするかスクールにご参加を。v( ̄Д ̄)

d0086319_15192140.jpg
もうひとつのパターンはこちらのnaoさんのパターン。
マシンを寝かせる際、シートのイン側に荷重してマシンを倒しこむのもひとつの方法ではあるのですが、その際腰を内側に捻ってしまったり、そのままターン中ずっと内側に荷重してたりすると、必要なとき外足での荷重が非常に対応しにくくなります。
※例えばエンストしたりフロントが切れ込んでしまったりした時、すっと内足を出して対応できないのもイン側に乗ったまま回ってしまっていることが原因になってることが多いです。

そんなパターンの場合、ゆっくりでも良いので定常円を描きながら、例えば外側のステップだけに乗って見たり外膝や外足の内腿などでコントロールしやすいポジションを探って見るのも効果的なのでぜひお試し下さい。

d0086319_13185037.jpg
そしてコチラ、はるばる九州からご参加の熊森さん。遠いところご苦労さまでした。<(_ _)>

オフロード経験が長いだけあって下半身でマシンをしっかりホールドして多少の滑りにはまったく問題なく対応出来ていましたが、写真を見てもわかるようにかなり上半身が捻られているため、不意にマシンが大きく滑り出すとこれ以上に体を捻っていくのはかなり難しいかと思われます。
d0086319_13293785.jpg
そこで体を開いてもらう意識をしてもらったのがこの写真。まだ若干ぎこちない感じは残っていますが、同じようなカウンター角でもゆとりがあるのがわかって頂けたかと思います。
※一度に言うと混乱しちゃうと思ったのでスクール中には言ってませんが、出来れば、もう少し(数センチ)前に座って頭がステアリングヘッドの上に来るようにして、肘ももうちょっとゆとりがあったほうがいいと思います。

で、いつも言っていることですが、今までと同じ範囲でなら今までと同じ乗り方でも当然問題なく乗れるワケですが、そこを越えて次のレベルに行こうと思った時に問題がおき始めるワケでして、この練習はその問題点をより安全な低い速度域で洗い出すと言う目的も持っています。

他の参加者の皆様にも言えることですが、最初からある程度問題なくスライドをコントロールできてる人は自分の出来てる範囲を少しずつ越えてもっと大きく振り出して見て下さい。
そうしておき始めた問題にどうすれば対処しやすいのかというように考えて練習してもらうとより効果的かと思います。

d0086319_13521941.jpg
こちらのミタニさんも最初からかなり上手な方でしたが、さらにハンドルの持ち方なんかもレクチャー通り意識してやって頂いてていい感じです。あとはコレが意識しなくても自然に出来るようになるとさらにグッドかと思います。

d0086319_13582719.jpg
こちらもかなり上手だったタンノさん。たまに外膝が開いてしまってた時があったように思いますので、ちょっと意識してもいいかもしれません。
ま、先ほども書いたように問題点を洗い出す練習なので、練習時には若干トッチラかってしまうくらいにトライするのはいい方向だと思います。あとはその問題点を修正して次のレベルにいけるよう頑張って下さい。

d0086319_1443117.jpg
このRed Leavesさんも力みなくスゴク自然にコントロールできてます。このあと「もっと振り出して」という私のリクエストにも果敢にチャレンジしてかなり自分のモノにしてた感じです。歳も若いしそのペースで練習したら、なんだかかなり行けそうな気がする~♪ w


というわけで、参加者全員の写真が無いので、基本マスタークラスの公開カルテはこんなところで・・・<(_ _)>

d0086319_164339.jpg
最終的には、こんな風に自由自在にマシンを操れるようになりたいもんですね。(´-ω-`)


ちなみに写真はkayoちゃんが自分も走りながら撮ってくれたアルバムから頂きました。 ご協力誠にありがとうございます。<(_ _)>
by glideride | 2008-11-21 16:16 | ファンライドスクール | Comments(6)
ニコ動とワスレモノ<レアルワン>
先日の猪名川2DAYSのワスレモノです。
d0086319_15213253.jpg
黒いのとオムさんっぽい色wの折りたたみイス。
d0086319_15214070.jpg
sankiって書いてる17/19のメガネ。

心当たりの方はグライドライドまでご連絡を。

======================================
そして、OMJのバット君がニコニコ動画にアップしてくれました。
全クラス写してくれてます。
トップグループがメインですが、どのクラスも大体一通り写してくれてます。
REAL1は各クラスともあちこちでそれぞれのレースがあってみんなが愉しんでるのが良くわかります。
つことで、出たヒトもそうで無いヒトも必見デス。
by glideride | 2008-11-20 15:28 | その他イベント/レース&練習 | Comments(2)
ピレリ/ディアブロスーパーコルサ通販開始
d0086319_2329192.jpg
またまたお気に入り写真のアップでスミマセン。<(_ _)> w

んがっ!本日は自己満足ブログではなくwタイヤのプロモーションが目的です。
本日ご案内するそのタイヤとはピレリのディアブロスーパーコルサ
以前からもちろん店頭では販売していたのですが、今回WEBショップにて通信販売を開始することに致しました。お値段的にも某有名安売り店と同等(ってか同じw)でさらにウチではバランスウェイトを1枚(60g分)おまけしちゃいます。

バランスウェイトサービスの理由は先日のファンライドスクールに出てた方にはネタばれですがw ぇぇ、間違ってとり過ぎてしまった分の在庫処分なので遠慮せずにもらってやってクダサイ。w

で、取り急ぎ通販で取り扱うのは国産市販モタードで使う、フロント120/リア150のみ。
もちろんその他のサイズも取り寄せは出来ますが、ま、ウチで通販で買って頂けるのはたぶんモタードユーザーさんだけかと思いますので・・・w

ということで、このタイヤの特徴についてはWEBショップのディアブロスーパーコルサのページに詳しく書いてますので、ぜひご覧になって下さい。

※ぁ、ちなみに先日のレアル1でワタシがピットロードでコケたのはwこのタイヤの冷間時グリップが悪いんじゃなくて、ワタシが迂闊なヤツってだけなので誤解のない様にw
by glideride | 2008-11-19 00:10 | 部用品サービス情報 | Comments(0)
¥30000以上送料サービス

本日ご注文分よりWEBショップで同時に合計¥30000以上のご注文頂いた方には全国どこでも送料無料で発送させて頂きます。

オリジナルパーツはもちろんオススメパーツやウエア&グッズ、郵送サービスメニューまですべて合計して¥30000以上ならOK!通販でのご購入がしやすくなりましのでお気軽にご利用下さい。

あわせてサービスメニューもWEBショップでパーツ類とまとめてオーダーできるようにしました。どしどしオーダーお待ちしております。
by glideride | 2008-11-18 21:34 | 部用品サービス情報 | Comments(0)