モタードに強い!大阪の愉しいバイクショップGLIDERIDEのブログ
glideride.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
タグ
画像一覧
公開カルテ<レベル別ドリフトレッスン>
本日の公開カルテはレベル別ドリフトドリフトレッスン・・・

と書いてはみたものの、この練習、レベル別にインストラクターの判断でレクチャー内容が変わるので写真でどうこう・・・って、言える話ではないので、今回はドリフト練習方法の基本的な考え方とコレまでの経緯など知って頂くと、練習のキモがより明確に見えてくるんじゃないかと思いますので、ちょっと長文になりますが、書いて見たいと思います。

d0086319_2051378.jpg
ファンライドスクールは本来モタード車やオフロード車を使って、ジャンルに関わらず応用の利く普遍的なライディングテクニックを磨いて頂くことが目的のスクール(ん~なんか堅苦しい言い回し・・・w)なのですが、ドリフトを覚えたいと言う方も当然たくさん参加して頂いてるわけで爆笑練習会時代から含めココ4年間ほどいろいろな方法でのレクチャーを試して来ました。

今でも定番の2~3速の直立ハーフロックからの練習は、コレはコレで一定レベルの方には練習になるのですが、スライド時のコントロールが出来ていない方だと勢いよくリアがフルロックのまま倒しこんでハイサイドなんて事も多く、もっと安全にトライしてもらえる方法を模索していく中で今は基本マスタークラスの定番メニューとなっている基本スライド練習が派生的に生まれました。

ですが、コレはいつも言うようにスライド中のマシンコントロールに慣れたり下半身でのマシンコントロール等基本的なライディングを覚えてもらうのには非常に役にたつものの、ドリフトのキモであるハーフロックにそのまま繋がるものではなく、基本スライドの練習がしっかり出来てる方でも、今までの2~3速からのハーフロック練習に入ってもらうと、なかなかハーフロックのイメージを掴むのが困難なことが多く、基本スライド練習と2~3速からのハーフロック練習の間を埋める、ハーフロックを作り出す操作を安全に覚えてもらうための練習方法を探すことが今年の目標になっていました。

そんな中、各インストラクターが指導の現場でトライしていた、1速吹け切りから一気にアクセルを戻しエンブレとリアブレーキを併用するという方法がレクチャーの内容次第でもっとも効果が現れたようで、今まで何度かスクールに参加頂いたものの、もう一つキッカケがつかめなかった方がこの練習方法でキッカケを掴み、コースでも安全にスライドを使って走れるようになったり、なんてケースも多数あったので、来年に向けてドリフトの基礎やレベルアップのための練習として、更に内容に磨きをかけより効果的な練習内容にして行きたいと思っています。

ということで、来年のファンライドスクールでは、ドリフトを覚えたいという方には以下のような流れで練習を進めて行きたいと思っています。

■第1段階■
<基本スライド練習でスライド時のマシンコントロールや対処を覚える>
直接的なドリフトの練習ではありませんが、ドリフト練習を安全に行えるようになるための基礎的な練習でもあるので、ドリフトを練習したい方もまずは確実にリアロックでのマシンコントロールが出来るようしっかりこの練習して頂きたいと思います。

■第2段階■
<1速吹け切りからのエンブレ併用でハーフロックのキッカケ作り>
1速で吹け切る程度の間隔においたパイロンをオーバルに回りながら練習します。
1速で吹けきった状態から一気にアクセルを戻し、リアブレーキも併用しマシンをバンクさせることでハーフロックでリアが出て行く状態を狙い通りに作れるように練習します。
この練習ではまずスライドを安全にコントロールすることが最初の目的、レベルによってはハーフロックを作り出す様々な要素を状況に応じて使い分けるための練習も行います。
また、この段階でスライドをコーナーリングに繋げるための基本的な流れも同時に練習、低速ながらほぼドリフトと言ってもいい動きになりますので第4段階の本来のドリフト練習へもスムーズに移行できます。

■第3段階■
<2速からシフトロックも併用したハーフロック練習>第2段階の練習にシフトダウン操作が加わり若干スピードレンジもあがります。

■第4段階■<2~3速から実際のコーナーにハーフロックで進入>
第2、第3段階がしっかりマスターできていれば、すでにほぼドリフトの動きができるようになっていますので、この段階では実際のコース走行でのスピードレンジに適応したり、精度やレベルを更にあげて行く練習となります。

以上が現在のところ考えているドリフト練習の進め方なのですが、ではコレを具体的にスクールのカリキュラムに組み込んでいくのかが、結構大変でして、また、各インストラクターとも相談しながら来年に向けて形にしていきたいと思います。

つことで、来年こそは実戦でドリフトを使えるようになりたいという方、来年のファンライドスクールをお楽しみに。v( ̄Д ̄)
by glideride | 2008-11-22 22:36 | ファンライドスクール | Comments(0)