モタードに強い!大阪の愉しいバイクショップGLIDERIDEのブログ
glideride.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
タグ
画像一覧
ファンライドスクール(8月9日)の動画
8月9日のファンライドスクールの動画をバット君が早くもニコ動にアップしてくれてます。
(1)~(18)までが8月9日分の動画です。(17)のGEN君の走りが見本になってますので参考にしてみて下さい。

動画の場合、具体的にどこがどう違うというのが写真より判りにくい面もありますが上手なヒトと繰り返し見比べてもらえばジワーッと違いが見えてくると思います。

参加者それぞれの修正点はビデオチェック時のアドバイスを参考にそれぞれ考えて頂くとして、ココでは総論的なお話を。


今回、ビデオをこの位置で撮ったのはコーナーリングはほとんどココで決まると言ってもいいくらい(他のインストラクターの皆さんもそう言ってますw)最も重要なブレーキングから倒しこみを見比べて欲しかったのが一番大きな理由だったわけですが、皆さんの走りを繰り返しじっくり見比べてみると思ったとおり興味深い結果になってます。


この設定の場合、ほぼ直立の状態からしっかりとフルブレーキを掛け出来るだけ早くバンクさせるコトが必要になるわけですが、ほとんどの参加者の皆さんはそれぞれにいろんな方法で出来るだけ早く深くバンクさせようとしているのが見て取れます。

ですが、例えば逆操舵で倒しこもうとすると当然フルブレーキング時に逆操舵は出来ないので若干リリースしてからになり、ブレーキングが甘くなるだけじゃなく、せっかくフロントタイヤを押し潰してグリップが上がっていたのが一旦ブリップが抜けてしまった状態での倒しこみになりリスキーな状態にもなってしまいます。
また、マシンをあらかじめ内側に倒し気味に入ってくるヒトもいますが、それだと必然的にブレーキは甘くなり、また、バイクが先に倒れて行くのに後で体が付いていくようになってしまうのでタイヤに対する荷重をかけるタイミングがずれてしまい、これもコーナリングスピードが上がるとリスキーな状態になります。

もう一度そんな視点で、良く見比べて頂ければ判ると思うのですが、倒しこみが早い方のほとんどはブレーキング時直立のマシンの上で上体はすでに微妙に内側へ入っていく準備をしています。これだと、直立の状態でめいっぱいフルブレーキが出来てフロントタイヤにかかったトラクションを逃がさずに倒しこみにつなぐことが出来ますよね。

と言うことで、メリハリが足りないとアドバイスされた皆様、一度意識的に自分から先にコーナーに落ちて行ってみて下さい。

P.S.リアを振り出して早めに向きを変えようというのも練習としてはもちろんアリなのでぜひ頑張って自分のものにして下さい。ってか、自分も練習しなくちゃダメなんですが・・・(^^;;;

で、中にはキレイにターンに繋がってる人(時)もありましたが、向き変えをリアブレーキだけに頼るとズルッと抜けてしまいますので注意して下さいませ。
by glideride | 2008-08-20 21:30 | ファンライドスクール | Comments(0)