モタードに強い!大阪の愉しいバイクショップGLIDERIDEのブログ
glideride.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
タグ
画像一覧
公開カルテ<6月7日・ファンライドクラス編>
ファンライドクラスの皆様お待たせいたしました。<(_ _)>
基本マスタークラスの皆様からコメントがないのを嘆きつつ( ;∀;) ファンライドクラスの公開カルテです。
コメント書きづらいような気もしますが、質問とか感想とかコメント書いてもらえると次へのヒントをもらえたり、スクールの内容もより良くしていけたりするかも知れませんので、ぜひぜひ勇気を振り絞って?wコメントの書き込みお待ちしております。

==========================================

そして今回はシフトロックも使ってのドリフト練習がメインだったのですが・・・
考えていたメニュが思っていたよりリスクが高かったようで、結局以前からの練習メニューに変更。

d0086319_20234436.jpg
ダートラ経験者の丘サーさんはさすがにスライド上手です。
d0086319_2020429.jpg
オオシモさんは素直な乗り方で確実にレベルアップして行きそうな気がします。
d0086319_20245979.jpg
岸本さんは今回かなりいい感じでドリフトのキッカケを覚えたそうですね。(^^)v
d0086319_20252567.jpg
石上君>ハンドルこじってない?(;¬_¬)
d0086319_20254178.jpg
おharuさん>スピード上がると転倒リスク増えるのでぼちぼち行きましょう。

今回ワタシは基本マスター張り付きだったのでファンライドのほうはまったく見れてないのですが、写真を見る限り、それなりに出来てくるヒトも居ればいろいろ苦労してる人も結構多そうです・・・

d0086319_20221750.jpg
とりあえず今回のメニューで言えばこのoyajiさんのこの感じを目指してもらえれば、と思ってます。
ハーフロックから軽くバンクさせ自然にリアが外に出て行くとこんな感じで上半身はリラックスしたままカウンターがあたるはずなので・・・
で、さすがにMXIBということでターマック慣れすればすぐに速いドリフトが出来そうですね。



そんなこんなで、リアロック練習からの(リスク的な)ギャップが大きすぎるってことで、1速でエンブレも使ったパイロンターンからパイロンの間隔を広げていって2~3速あたりからシフトロックを併用してのパイロンターン練習にメニュー変更。

d0086319_21203710.jpg
テンさん>なかなか自然な流れ方でいい感じかと・・・
d0086319_21174143.jpg
シゲさん>8の字の時と同じように片手離せるくらいのイメージで練習してみてはどうでしょうか?
d0086319_21175082.jpg
ムロキさん>昨年1年通ってもらっただけあってホントニ上手になってます。その調子でちょっとずつハーフロックスライドに慣れるとコースでも使えるようになると思いますョ。(^^)v
d0086319_21204574.jpg
お~い、ぼちぼち曲がりたいんだけど~~~~って感じですか?ヒロッシさん。ワタシもそんなことが良くありました。www
d0086319_2119982.jpg
再度登場オオシモさん>今までいろんな方の走りを見てきた経験上この写真見る限りハイサイドくらい易そうな気がします。詳しくはまた店ででも。w
d0086319_21193346.jpg
同じくらい滑ってるフラスコさんですがコチラは安定傾向な感じ。

と言っても、本人さんの運動神経次第な部分もかなりあって見た目安心な人が必ずしも転倒リスク少ないかというとそうでもないんですよね。ハタめには無茶苦茶危なっかしい走りでも何とかコントロールできちゃうヒトもいますんで・・・いや別に誰って訳じゃないんですが・・・www

==========================================
ってな感じで結果何名かの方にはいいイメージを掴んで頂けたようです。
ということで、次回からドリフト練習をするときは最初からこの流れで行く方向になるかと思います。とか言いつつまたないかいい方法が思い浮かんだら試してみるかも知れませんが・・・w
==========================================
で、ドリフト練習したい方に朗報。ADSM舞洲のファースト(初級)スライドスクールの参加者がいつもより少なめらしく、かなりマンツーマンな状態で練習できそうです。
上の写真見てもわかると思うのですがドリフト練習って参加者それぞれに修正すべきポイントがかなりバラバラなので、出来るだけ個別に近い形で練習した方が良いんですよね。
つことで、1時間ほどのスクールですが少人数でレッスン受けれるチャンスなので参加してみては如何でしょうか?
==========================================
そんな感じでファンライドクラス担当イントラの皆様コメントヨロシクです。<(_ _)>

ぁ~鈴木インストラクターさんなんかもコメントしてもらってもいいんじゃないかな~(´-ω-`)
by glideride | 2008-06-16 22:52 | ファンライドスクール | Comments(11)
Commented by お春 at 2008-06-17 01:56 x
待ってましたの公開カルテですが、やはり遅めのスピードから練習したほうがいいですか?
ドリフトは勢いがいると思って張り切り過ぎてたのかも。
今回はもう少し出来ると思ってましたが、手足操作が早すぎて考えてる暇もなく、やはり体で覚えないといけないのでしょうか。
どっかんどっかんステップの耐久テストも何回やったことやら…
で、また次回ガンバリマス!
Commented by glide at 2008-06-17 10:58 x
スピードが出てるほうがやりやすいんですがちゃんとコントロールできてないと転倒したときのリスクが増えるのでそのあたりのバランスが難しいです。なので、なにか安全に覚えやすい画期的な練習がないか模索中してるんですが・・・

あと、ドリフトに限らず走ってる最中にあれして、これして、って順番に考えてるともちろん間に合わないので走り出す前に全体的な操作の流れとかリズムをイメージしておいてトライしてみて、ちょっと違うかな?って思ったところとか、インストラクタから指摘されたポイントを修正したイメージを作っておいてまたトライ。という流れがいいと思います。
んが、その都度マシンの動きがまったく違うと修正したイメージが役に立たないのでまずは同じことが繰り返して出来るようにすることも重要です。
Commented by ムロキ at 2008-06-17 13:53 x
6/7のスクールの終わりくらいには、おかげさまでハーフロックになんとか成功するようになりました。
その前回からのブレーキロックからのカリキュラムの流れはハッチリだったように思います。

ただ、カウンターをあててまっすぐ前に進むことしかできなかったので、猪名川の1コーナーあたりで実際に使えるようになるのが、私の今後の課題ですね。
ADSMファーストスライド、参加しますので、関係者の皆様よろしくお願いします。7/5も。
Commented by glide at 2008-06-17 20:13 x
猪名川の1コーナーで使うのは結構難しいので名阪のダブルヘアピン一つ目とか琵琶湖の真ん中の右ドリフトコーナーとかからはじめた方が安全かつ覚えやすいかと思います。
どちらにしてもサーキットで使えるドリフトを目指すのならレース系クラスのほうが近道なので次回のメニューをしっかりこなして今年中にレースエントリークラスに参加する方向で行きましょう。(^^)v
Commented by きっしダス at 2008-06-17 23:05 x
ALL>
速度の件はGさんの書いてある通りなんですが、
一番重要なのは”リズム(テンポ)”です。
ドリフトに持ち込む動作はスクールで説明したと思いますが、
その動作も”リズム(テンポ)”が伴っていないとドリフト状態に持ち込めません。
速い速度では少々”リズム(テンポ)”が遅くてもスピードが落ちきらない為、比例して運動エネルギーが利用しやすいのですが、遅い速度では”リズム(テンポ)”が遅いとそれが利用し辛くなってしまいます。

そして同じように重要なのが”バイクを寝かせる”ということです。
運動エネルギーによってリアタイヤをブレークさせるのですが、
マシンが起きているとタイヤが食いついてしまう為、なかなかスライド状態を作れないし、維持できません。
Commented by きっしダス at 2008-06-17 23:20 x
続き

なので

”リズム(テンポ)” ”バイクを寝かせる”

という2つを意識してみてください。
ドリフト状態を上手に作れている人(DVDでもようつべでも講師の走りでも何でも良いです)の走りを見てイメージトレーニングすると良いでしょう。

そしてスライドのキッカケを掴んだ方は、スライドを
”旋回に繋げて行く”という事を意識し始めます。

旋回させるのはドリフトでもグリップでも目的は同じで、
”いかに早くアクセルを開けられる状態にするか”です。

一番向きを変えないといけない場所では
①ちゃんと速度を落とし
②しっかりバイクを寝かせる
という事が出来ている必要があります。

ドリフトを維持している状態ではフロントブレーキをキッチリ使うこと。
ドリフトアングルが付いていないとフロントブレーキを強く使えないので、
しっかり寝かせる。
その上で車速が落ちてきたらブレーキリリースと共にステアリングを内向させていきます。
Commented by きっしダス at 2008-06-17 23:24 x
続き

それを具体的に体得しやすいのは速度の落差が大きいコーナー。
猪名川だと1ヘアピンが一番わかり易いと思います。

1コーナーのような速度やRのコーナーでは旋回に繋げるスライドはなかなか難しいと思います。




てな感じでまとめて書きましたが如何?

Commented by オオシモ at 2008-06-18 02:19 x
本日?昨日?はご多忙のところお邪魔してすみませんでした。
薮田教授ご指摘のとおりバイクに一本背負いをくらいましたオオシモです。
いやぁ、ドリフト難しいですね。結局スライドのキッカケさえ掴めませんでした。
岸田教授の教えにある“テンポ”がなかったことにくわえ、ビビリの私にとって“バイクを寝かす”ことにまだ恐怖感があり思い切れてなかったです。
岸田教授の説明で結構頭の中では理解してるんですが、実践・行動につなげることがムズカシイ・・・走りこまなあきませんね。
“1速でアクセルON/OFFパイロン8ノ字”は、バックトルクとリアブレーキの関係性がつかめてとてもためになりました。
ぜんぜん出来ないんですが、もーオモロイ!!!
6.22は行けませんが7.6は何とか都合つけてとおもっておる次第です。
インストラクターの皆様、またご指導のほどよろしくお願いします。

ps.濱田教授、こけて気持ち萎えてるときに「昼からも頑張りましょう!」のお言葉、元気でました。ありがとうございます。
鈴木教授、暑いなか排ガスまみれでご苦労様でした。
Commented by きっしダス。 at 2008-06-18 12:05 x
リズムを掴む為にタンデム教習をしましょうか!
Commented by オオシモッ! at 2008-06-18 21:58 x
先生ッ!
お願いしますッ!
Commented by glideride at 2008-06-19 15:37
オオシモさん>コチラこそバタバタしてて申し訳ございませんでした。
で、教授ってのは恥ずかしいのでwww普通にヨロシクです。