モタードに強い!大阪の愉しいバイクショップGLIDERIDEのブログ
glideride.exblog.jp
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
タグ
画像一覧
公開カルテその3
d0086319_21253295.jpg
d0086319_2126146.jpg
d0086319_21263060.jpg
写真を一通りチェックしてたところワタクシどものレクチャーの仕方に問題点がありそうな気がしまして・・・

アップさせて頂いた皆様にはホントニ申し訳ございませんが問題点を分かりやすくお伝えするためにあえてこの写真をピックアップさせて頂きました。<(_ _)>

その問題点といいますのは『下半身ホールド』という言葉。

上の写真の皆さんはしっかり下半身でマシンをホールドして、上体は肩はハンドルと並行にもって来れてハンドルにの動きは邪魔せずに操作はしやすそうな感じになってて、レクチャーしたことを大体クリアして頂いてるのですが・・・ニーブリップでガシっとホールドしているために腰に自由度がなくなってしまってます。こうなるともし予想外に大幅に外にマシンが出て行ってしまった時なんかにはこれ以上捻りにくい状況ですし、また、上半身が捻ってしまっているため体を使った荷重コントロールもしにくくなってしまいます。
またまた三苫インストラクターの写真になりますが、マシンをガチッとホールドするのではなくて自分の股の下である程度自由度は与えつつ外足(内腿含む)でホールドしてるのが分かると思います。

前日のコメント欄にも書きましたが、下半身ホールドはずっと挟み込んでしまうんじゃなくて、こんな感じでステップやシート膝や内腿くるぶしなんかでマシンに対して必要なときに必要な入力(荷重コントロール)が出来る位置にいることや、ハンドルに不要な力を入れなくてすむように、そして操作系を正確に操作できるように上半身や足を自由に使えるようホールドすることが目的です。状況によってはガシッとホールドしなくてはいけないケースもありますが、けっして下半身で挟み込んでマシンを振り回すという意味ではありませんし、下半身とマシンがカチッと一体化してしまうという意味でもありません。

どうも説明が不足してしまってた気がしますので、参加者の皆様、下半身ホールドはそういうイメージでお願いいたします。<(_ _)>
by glideride | 2008-05-28 22:19 | ファンライドスクール | Comments(3)
Commented by トッチラカってるシト at 2008-05-29 06:50 x
んー確かに『下半身ホールド』言われても解釈の仕方は人それぞれですからねぇ、コチラのニュアンスが微妙に伝わって無いかなー?思う事は多々有ります。 でもまぁ人間そんなモンでしょw 1回のアドバイスで全てを理解出来るくらいなら、とっくの前に上手くなってるやろし(゚Д゚)


テクニックは試行錯誤を繰り返して磨かれると思いますし、遠回りした事も自分自身の走りのデータとして貴重なハズ。ですから失敗を恐れたり恥ずかしいとか思わずガンガン練習して上手くなっちゃって下さい~!!

あ、ワカラン事は何でも質問して下さいネ。 コチラの解る範囲で包み隠さずお答えしますのでm(__)m
Commented by オオシモ at 2008-05-29 08:09 x
一番上の写真の青ジャケです。いやぁ、窮屈に感じながらもバリバリ、タンク挟み込んでました。教習所でも「下半身ホールド=タンク挟み込み」って教わったもので、当たり前と思い込んでました。思い込みは怖いですねぇ。ご指摘ありがとうございます。
話しかわって。それにしても楽しかったです。ようやくDトラ買ってよかったと感じました。ちなみに次回のスクール、ファンライドクラスを受講したいのですがいいですか?まだ空きありますか?
Commented by glide at 2008-05-29 10:49 x
M師>レース系のほうは経験上分かってるヒトが多いと思うのでそんなに心配してないんですが、特に初参加の方、担当のワタクシとしては誤解のないように伝えるのが難しいな~と思った次第です。

つことでスクール自体も試行錯誤しながらいい方向にいけるよう頑張りまッス。

オオシモさん>ドモドモ、ブーツの慣らしも問題なかったようで(^^)v
ま、愉しみながらいろいろトライしてもらえるのが一番だと思ってますので次回も愉しく走って下さい。

で、ファンライドクラスもちろんOKです。
まだお申し込みは1/3くらいですが出来るだけお早めにお申し込み頂けると助かります。