モタードに強い!大阪の愉しいバイクショップGLIDERIDEのブログ
glideride.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
タグ
画像一覧
10月19日のファンライドスクールの動画
10月19日のファンライドスクールで撮影した基本マスタークラスの模様をバット君がYOUTUBEにアップしてくれてます。

参加者全員の分はありませんが、
写っている方はもちろん、
参加を考えている方の参考にもなるんじゃないかと。(* ̄0 ̄)v
 
で、↑ピックアップしたのは基本マスタークラスで一番多いパターンのレクチャー。





動画だけ見ると、
上半身のフォームを無理やり矯正するのが目的
みたいに思っちゃう人がいるかも知れませんが、
このレクチャーでは、
『ステアリングが切れていくのを邪魔せず、
曲がっていこうとするマシンにちゃんと着いていけるように。』

ということを最大の目的にしてます。

極論言うと、その目的が達成されるのであれば、
フォームなんてどんなフォームでも良いのですが、w
これまでスクールで沢山の方にレクチャーをしてきた経験上、
肘が下がったままハンドルをフリーにしようとすると、
ほとんどの方が内ヒジがつっかえて
ハンドルが切れようとするのを邪魔しちゃうんですよね。


ということで、最初は無理矢理にでもヒジを上げてもらって、
まずはヒジから先でハンドルを遊ばせれるような状態を作ってもらってます。

すると、毎回かなりな割合で、
『バイクってこんなに曲がるんですね。w( ̄o ̄)w』
と、びっくりされる方がいらっしゃいます。(* ̄0 ̄)v 

そんな風に、まずはマシンの自然な動きを体感してもらい、
そして、バンクして曲がっていこうとするマシンに
ちゃんとした位置で乗ってもらうためには、
(今のところ)上体のフォーム矯正から入るのが、
もっとも上手く行ってるのでこういう方法をとってます。

※レクチャーの方法もいろいろ試してますので、
もっといい方法があれば、変えて行くかも知れません。

ということで、フォーム矯正はあくまでも手段であって、
目的ではありませんのでご注意を。



あと、実際のレクチャーでは、
ヒジの位置だけじゃなく、
マシンホールドとか視線とか上体の向きとかアクセルワーク・・・などなど
他にも注意しないと行けない事がいっぱいあって、
しかも人それぞれネックになってるポイントが違うので、
動画を見て形だけ真似しても
本質の部分を体感するのはなかなか難しいと思います。

ま、つまり・・・
来年こそはぜひスクールにご参加下さい。
ってことで・・・w
by glideride | 2013-11-04 22:27 | ファンライドスクール | Comments(4)
Commented at 2013-11-05 00:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by glideride at 2013-11-08 20:35
Nさん>返答遅くなってすみません。
基礎的な型はもうある程度出来てるので、ぼちぼち、実戦的な環境で走らないと、本当に必要なことを見つけるのは難しいレベルになってるんじゃないかと思います。
ということで、来年はぜひファンライドクラスで(* ̄0 ̄)v 
Commented by N at 2013-11-09 00:18 x
いいかげん、装備整えようと思います。
最初は、オークションで安い中古でも探します。
Commented by glideride at 2013-11-21 11:03
Nさん>コメント見落としてました・・・(・・;)
中古のツナギとブーツあるけど見に来る?