モタードに強い!大阪の愉しいバイクショップGLIDERIDEのブログ
glideride.exblog.jp
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
タグ
画像一覧
スクールの写真
2011年10月15日 ファンライドスクール 猪名川サーキットのアルバムを
バット君がフォト蔵にアップしてくれましたので、
参加された方はもちろん参加を考えてる方もぜひご覧になって下さい。
ということで、中からいくつかピックアップして、
ファンライドスクールではどんなことをしてるのかざっくりご案内。

d0086319_1735716.jpg

まずは↑こちら今回基本マスタクラスに初参加頂いた方のレクチャー前のフォーム。
モタード車を乗りにくいと感じている方の多くがこんな感じのフォームになってます。


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村↑ポチッとご協力よろしくです。 <(_ _)>



d0086319_1742254.jpg
で、こちらがレクチャー後のフォーム。

撮ってる角度が違うので、具体的な違いがわかりにくいかもしれませんが、
上の写真と比べて、無理無く自然な感じに見えませんか?

具体的になにが違うかというと、ハンドルと肩の位置関係。

上の写真だと、
肩のラインがどちらかというと地面に対して水平に近く、
前方に張り出しているため、
イン側の腕が伸びきってしまい、
ものすごく窮屈な乗り方になってますが、

下の写真では、
ハンドルと肩のラインが水平に近く、
ハンドルに添えた腕にゆとりがあるのがわかると思います。

もちろん、実際の走行中には必要に応じて、
上のようなフォームになってしまう場合もありますので、
なにがなんでも、この姿勢を保つ必要はないのですが、
でも、普通に走っている時には
出来るだけいろいろな状況に対応できるような、
無理の無いフォームで乗れるようになることが、
無理なくスキルアップしていく為に必要な第一歩だと思います。


で、上のレクチャー前のフォームなんですが、
上体よりも腰の使い方が原因でそうなってしまってることが多いようで、
マシンをバンクさせるきっかけをどうやって作ってるか、
というのが、ポイントになってる気がしてます。


そんなこんなで、次回のスクールでは“基本見直し”の一環として、
参加者それぞれの問題点に応じて、
そういうポイントもレクチャーしていく予定です。

最近、以前よりもそのあたりの修正ポイントが明確になってきてますので、
何度も参加頂いてるのに、なかなか修正出来ないという方も、
もしかしたら、修正のきっかけが見つかるかも・・・

ということで、ちょっとマシンと体がばらばらな気がしてる方は
ぜひ基本マスタークラスにエントリーを。

P.S現在、ロード界の大物インストラクターに来てもらって、
1コーナーを設置して特別スクールを開催してもらえるよう調整中です。
週明けには発表できる予定なのでお楽しみに。( ̄ー ̄)v

by glideride | 2011-10-21 18:57 | ファンライドスクール | Comments(0)