モタードに強い!大阪の愉しいバイクショップGLIDERIDEのブログ
glideride.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
タグ
画像一覧
今度のファンライドスクールのテーマは『走りの遊園地』

只今、2月26日<土>開催のファンライドスクールのスケジュールを作ってる真っ最中なのですが、内容はほぼ決まったので、取り急ぎご案内させて頂きます。

まだ本格的シーズン前ということで、ファンライドクラスとレース系クラスの皆様にはお遊び的に愉しく走ってもらいながらも基本操作の確認と体のウォーミングアップをして頂けるようなメニューを3つご用意。

そして、その3つメニューを遊園地のアトラクションのように自由に選んでお好きなときにお好きなだけ走ってもらおう、というような内容になってます。

ちなみに、基本マスタークラスの方は、いつもと同じように基本フォームの確認から、パイロンターンでの実走行レクチャー。お昼からは、上記どこかのメニューに一つくらいチャレンジしてみて頂こうかと思います。




それぞれのメニューの具体的な内容はこんな感じ。

1、リフトアップ<前後共>
基本的に1速のみの極低速からフロントをポンと浮かせたり、
同じく1速のみの低い速度からジャックナイフ的にリアを浮かせてみてもらいます。
で、両方とも出来る人は、ロデオの様に前後を交互に繰り返し浮かせて下さい。

ウイリーやストッピーの練習ではないので、
無理に高く上げる必要はないのですが、
出来る人は愉しかったらw高く上げる練習してもらってOKです。

狙いとしては、
サスペンションを介してタイヤを路面に押し付けて
グリップさせる感覚を磨いて欲しいというのと、
思い通り前後に過重移動出来るようなライディングポジションを
遊びながら自然に身に付けて頂ければと言う感じです。


2、ミニグルグル
ほぼバンクしたままになるような間隔に置いたパイロンの周りをグルグル回ります。

ここでの狙いは、いろいろありますが、
まずは、深いバンク角に対応できるようなフォームを身に付けてもらう、
そして、フルバンクでのスムーズな加減速が出来るように、
さらに、レベルの高い人には加減速時のタイヤの滑りをコントロールする。
というところまでレベルに応じて目的を持って走ってもらうと良いかと思います。

ちなみに最後の加減速時の滑りをコントロールするという部分は、
実戦的ドリフトにも役立つ(らしい・・・三苫氏談w)ので、
ドリフトを磨きたい人は参加必須ですよ。(^^)v


3、スライドスラローム

パイロンスラロームをリアブレーキスライドを使って走ってもらいます。
これは以前よくやってたフリーでのリアロックスライドの応用編です。
目的はフリースライドと同じで、
リアブレーキの確実な操作、滑りに対応できる適切な下半身でのマシンコントロール等
ですが、狙った位置で滑らせて止める必要があるので、
フリーでのスライドよりもより正確なブレーキとマシンコントロールが必要になります。

リアロックスライドをやったことの無い方も、
最初はパイロンを無視しても良いのでぜひチャレンジしてみてください。

と、こんな感じで、なんか子供の頃に自転車で遊んでたような感じの
お遊びメニューばっかりご用意してみました。
なんか愉しそうでしょ?
シーズンイン前ならではの、お愉しみメニューになってますので、
愉しそうと思ったアナタは是非このチャンスにご参加下さい。(^^)v

by glideride | 2011-02-05 18:49 | ファンライドスクール | Comments(0)