モタードに強い!大阪の愉しいバイクショップGLIDERIDEのブログ
glideride.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
タグ
画像一覧
応援する気持ち・・・
未だにサッカーネタですみませんが。
モタード業界にも絡んでちょっと思うところありまして・・・

ワールドカップ前のオカダカントク批判とかもそうなんですが、
サッカーファンのブログのコメントって、
上から目線な傾向が強いような気がするんですよね。

オカダよりオレが監督したほうが強いんじゃね?とか、
中沢はあれで精一杯のプレーでしたね、とか・・・




いやいや、そんなこと書いてるアナタじゃ
足元にも及ばないレベルでやってますから。w

ってなコトは、わかってるのかどうかは不明ですが・・・

とか言いつつ、
こんなコト書いてる自分自身も、
試合見てるときは、
『シュンスケもっと早くパス出せよ~っ!』
なんて叫んだりしてました・・・w

お恥ずかしい話ですが、
応援してる時って、
選手と同じようなレベルの自分が
そこにいる気になっちゃってるんですよね。(´ヘ`;)

で、その場の脳内には、
選手と同じレベルの自分=当事者としての自分がいるわけで
その時自分が持ってるイメージより
低いレベルのプレーに対しては、
つい上からの目線になってしまう感じなのかと。

応援してる以上、
もっと高いレベルでプレーして欲しいと思ってますからね。

逆に想像を超えるプレーには『おぉ~っ!』って叫んでしまうワケですが、
ヨーロッパ各国のトップリーグのいいプレーとかを見慣れてしまうと、
日本のプレーでそこまでってのはあまり無くて、
ついつい、上から目線になってしまうという気持ちは
わからないでも無いです。


で、そんな応援する側の気持ちを
moto-1に当てはめて考えると
それぞれのライダーに、
それくらい入り込んで応援してくれるようなギャラリーが
増えて行くことも必要なのかな?とかも思ったりもします。

『ミトマ~っ!ソコでインさせ~っ!』とか 
(実名でごめんw)
『ヨーロッパじゃもっとレベルの高いドリフトしてる』とか

自分じゃまるで出来もしないのに、
したり顔のコメントするギャラリーって
ライダーにとっても一般のギャラリーにとっても
気分的にかなり迷惑だと思うので、
そういう発言は、その場の勢いだけにしといて欲しいところですが、w

でも、魅せるプロスポーツを目指すのであれば、
それくらいギャラリーが入り込んでしまうようなコンテンツになることも
もっとメジャーになるための近道のような気もします。

では、世界的に見てサッカーにはなぜそこまで入りこんで
応援してしまうギャラリーが多いのかというコトについて
実に興味深い内容の記事を見つけましたので、
業界(レースの)の方はぜひご一読を。
個人的にはかなり真理に近い気がしてます。


そんなこんなで、
山奥のサーキットでレースとかやってもギャラリーが来るわけないよね、
というような話も確かにその通りなんだけど、
サッカーにはお金払ってまで耐寒ブーイング大会に参加する人が居るわけで
どうやったらギャラリーがそのレースの当事者になり得るのか
というコトも考えていった方がいいのかな?

なんてコトも思ったりする、今回のワールドカップです。
by glideride | 2010-07-03 18:09 | なんだかんだ | Comments(8)
Commented by ヨシムラさん at 2010-07-03 18:41 x
なーんか伊那あたりから空気がおかしくなっているよーな気がします。何が起こってどういう経緯なのかは全く分かっていませんが、何しろ空気が変です。


Commented by WR#43 at 2010-07-03 20:06 x
モータースポーツの弱点は手軽に実体験を得られないことが
辛いところだと思います。

サッカーや野球でも、老若男女に関わらず「それなり」に
実体験を積むことができますよね?

しかし、モータースポーツの「それ」は一般スポーツに比べ
ハイリスクを伴うことは否定できません。

自分自身、MOTO1の存在は某紙やネットを通して知っていましたが
直接観戦(年3戦位ですけど)に行くようになったのは
自分が実際にモタ車をコースで走らせたりスクールを受講して
モタを走らせるは楽しい!と実感したからに他なりません。

もっと情報があり、もっとローリスクで実体験を重ねられる
環境が構築できれば…

微力ですけど、周りの人間にモタ車を乗せて見たりMOTO1観戦に
引っ張っていったり、草の根活動は頑張ってます!(笑)
Commented by glide at 2010-07-03 21:23 x
ヨシムラさん>ん?そうなんすか?
ナニがドウおかしいのか私にはさっぱりわかりませんので、そこはオイトイテw
言葉は悪いですが、レースの世界では間違いなく白い目で見られるようなウンチクタレ的存在が、サッカーファンの間ではもてはやされる傾向もあったりして、今や時の人となった本田△のように、「批判してくれた人にも感謝している」って言ってしまえるような度量がライダーや他の一般のファンにも必要なのかな?とかも考えたりします。
Commented by glide at 2010-07-03 21:24 x

WR43さん>まいどです。そうですね、とっかかりとして軽く実体験というのはすごく重要だと私も思います。でも、見るスポーツとしてのプロ化を考えると、体験的には試乗会レベルの軽さで良いのかなとも思ってます。サッカーでも恥ずかしげも無く偉そうなこと書いてる人たちは、実際に本気でやったこと無い人のほうが多そうですし。w でも、レースの世界でも実際にやることのムズカシさを知ってる人はそんな偉そうなコト書かないワケで、そういう意味でも、実際にレース出るようなライダーが増えるのが一番だと思うのですが、もっとファンを増やすためには軽い実体験しかしてなくても気持ちはレースの当事者で居れるような方法も考えた方がいいのかな?って思ってます。
Commented at 2010-07-04 05:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by glideride at 2010-07-04 14:12
バカ騒ぎしてる人達の気持ちもわからないでもないので、というか、私も深夜に大声出しちゃう方なので、同じようなものかも・・・(´ヘ`;)

で、あのTバックヤローwは確かに気持ち悪かったけど、賑やかしにはなってた気もするので私は否定派ではないです。そのあたりはブブゼラの賛否みたいなものでいろんな感じ方の人がいるので難しいトコですね。
Commented by AMRカスタム管理人 at 2010-07-04 17:21 x
時代もあって、モータースポーツの認知が弱くなったますよね。
昔はF1なんてゴールデンタイムでやっていたし、バイク関連の番組もチラホラあったり、レース雑誌や走り屋雑誌などもあり、見ていて憧れたり、周りのバイク仲間と真似事をしたり、~選手のラインがとか、ブレーキングがどうとか、勿論できもしないのに言ってました。
そこからロードにのめり込んだ口です私は・・・
で、バイクを買うと、レースの観戦チケットもらえたり、走行会あるからどうなんてハガキも来ていましたが、今は全くメーカー側もやらなくなったなぁて感じます。
いきなりレースに直結する人は少ないと思います。何度か見て、サーキット走ってみよう>やってみようという段階が必要なのかと、それがファンライドスクールとかですね。
呼ぶ事がもっと全体的に広がればなぁと思います。
色々内容が他の方や日記と重複していますが、書かせていただきました。。。失礼します。
Commented by glideride at 2010-07-04 21:46
まいどです。
ま、まったく出来なくても、そういう話するのって愉しいもんですよね。
なんか、そういう感じで、まずはとっかかり興味をもってもらえる方法を模索中です。ブログの更新頑張ってるのもそういう狙いもあります。
つことで、AMRさんも頑張ってください。(^_^)v