モタードに強い!大阪の愉しいバイクショップGLIDERIDEのブログ
glideride.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
タグ
画像一覧
KISSYレプリカの心臓部お見せします。
d0086319_16204640.jpg
って、そんな大げさなモンでもないですが。w

そんなこんなで、Dトラッカー/250SB情報多めでお送りしているグライドライドブログ。
本日はグライドライドサスペンションセットアップメニューの原点ともいえる、
KISSYレプリカについて。



写真はダンパーピストンを外すため、カシメてあるインナーロッドを削ったトコ。

ちなみに、インナーロッドを外すにもカシメがあって一般的にはすでに進入?禁止箇所。
そんな箇所なので、当然、再分解を前提には作られていません。

そんなインナーロッドのカシメですが、
ある程度深く削らないとロッドの先端が割れてしまい、
かといって削りすぎると替わりに入れるセルフロックナットが入らない、
しかも、カシメの状態も1台1台違うので
現物を注意深く確認しながらコンマ数ミリ単位で必要最小限だけ削っていきます。

d0086319_1701025.jpg
更にそのままナットを締めると先端部のネジ山が折れてしまうことがあるため、
手作業で折れる可能性のある部分をあらかじめ削り落としておく必要があります。

更にこのあと、一発勝負の作業で、
失敗すると2万円近くするダンパーボディーの新品を買わなくてはいけいので、
何回やっても緊張する作業があるのですがソコは内緒です。w
ン十回はやってますが、今のことはノーミスです。(^_^)v

と、本日は作業的な内容でしたが、
じゃ、実際乗ったらどうなん?
ってな内容をまた改めてご案内したいと思います。(^_^)v


いやね、サスペンション加工ってぼろ儲けちゃうん?
みたいな、心無い発言される方もいらっしゃるので、
手間掛かってるんですよ、ってのを知って欲しかったので・・・w
by glideride | 2010-04-27 17:22 | 部用品サービス情報 | Comments(0)